コンサルタントについて

認定登録 医業経営コンサルタントは、
資質向上のために継続研修の受講が必要です。

継続研修の体系

継続研修とは、医業経営コンサルタントの水準の確保と資質の向上を図るために実施している研修です。
協会本部・支部、継続研修委託団体等で開催されており、認定登録 医業経営コンサルタントは選択して 受講し、一定期間で指定された時間の履修が義務付けられています。

【各講座をステージごとに段階的に区分して、医業経営コンサルタントとして習得すべき知識・技能を明確化】

サードステージ【応用・実務】
 医業経営の具体的実務並びに応用について実習する
 個々人が目指す専門分野に新生面をひらく先駆的な方法論、
 卓越した手法等を研究する 
セカンドステージ【各論】
 医業経営管理全般にわたる体系的な理論、先端的な
 事例等を専門的に深耕する
ファーストステージ【概論】
医業経営の基本的知識について習得する

【各段階の講座の定義を明確にしたカリキュラムを編成し、個人のスキルに応じた研修の受講が可能】

サードステージ【応用・実務】
 ・実習
 (モデル病院を設定し、各種手法による実務研修 《問題解決、財務分析、経営診断、戦略立案等》)
セカンドステージ【各論】
・医療制度改革(厚生白書、時事、トピック等)   ・医業経営診断    ・医業経営戦略の立案・実施
・経営管理体制の構築     ・質・安全管理体制の整備   ・患者管理体制の整備
・診療管理体制の整備   ・物品管理体制の整備   ・施設・設備管理体制の整備
・財務管理体制の整備   ・原価管理体制の整備   ・人事・労務管理体制の整備
・情報管理体制の整備   ・医業経営における介護福祉    ・開業支援、医療機関のM&A、ISO9001等
・医療概論   ・看護管理論  
ファーストステージ【概論】
 ・医業経営概論I (医業経営論、医療機関の経営特性、診療報酬制度等)
 ・医業経営概論II(基本的経営改善プロセス、医業経営業務内容)
新入会員研修

実施体制

■ 本部/支部(全国46支部)

本部で実施する対面研修をはじめ、地域の実情に合わせたテーマで支部が主催する研修や、 WebやCD-ROMを介して自宅等で受講できる研修、また医療機関等への視察など、 継続研修形態は様々な方法で実施しています

・対面研修 1回3講義、各2時間が原則 3,000円/1時間

・本部・支部中継研修 1回3講義、各2時間が原則 2,000円/1時間

・個人研修 CD-ROM, 動画配信
1講義2時間が原則
(登録回数により、1登録期間内、50、40、30時間を上限として履修認定)
1,000円/1時間

・支部ビデオ研修 1講義2時間が原則(年間8時間を上限として履修認定) 1,500円/1時間

・海外視察研修 1登録期間内、20時間を上限として履修認定

・国内視察研修 1登録期間内、20時間を上限として履修認定

・日本医業経営コンサルタント学会  参加した場合、1日5時間の履修認定
年1回、2日間の開催が原則
参加費 10,000円
※事前割引8,000円

・地域交流会 原則、4時間の履修認定 参加費 無料

・地区研究会 年1回の開催。5時間の履修認定 参加費 5,000円

特別セミナー等

※金額記載のない研修は、内容・開催場所等によって受講料が変わります



■ 継続研修委託団体

継続研修委託団体は、こちらに掲載しております。

■ 履修認定学会等

履修認定学会等は、こちらに掲載しております。