機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

保健医療分野のAI活用(2017年08月号掲載)

 厚生労働省「保健医療分野におけるAI 活用推進懇談会」の報告書(6 月27 日発表)によると、保健医療分野で
AI(人工知能)開発を進めるべき重点分野として、.殴離牋緡邸↓画像診断支援、診断・治療支援(検査、
疾病管理、疾病予防も含む)、ぐ緻品開発、ゲ雜遏η知症、手術支援、の6 分野を選定。このうち 銑
の分野は比較的実用化が早く、手術支援については、実用化までに相当時間を要するとしている。
 6 分野ではいずれもすでに研究開発が進められているが、特に注目されるのは、ゲ雜遏η知症の分野。単に
診断・治療ばかりでなく、介護ロボットの活用と併せて、患者の生活環境の改善や介護者の負担軽減にもつなが
ると指摘されている。とりわけ認知症は要介護の原因のトップに挙げられている(平成28 年国民生活基礎調査)
ことから、AI の威力に期待が寄せられている。