機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

離職介護福祉士等届出制度(2017年08月号掲載)

 介護人材を確保する方策の1 つとして、今年4 月から設けられた制度。社会福祉法の改正により、介護福祉
士の資格を有する者は、離職に際し都道府県福祉人材センターに届け出ることが努力義務となったことによる。
 届出数は5 月末現在1,922 人で、多いのは石川県399 人、大阪府122 人、埼玉県101 人で、最低は福井・
佐賀両県の3 人。石川県が群を抜いて多いのは、この制度が始まる前から県独自で登録を進めていたためという。