機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

かかりつけ薬剤師・薬局のKPI(2017年08月号掲載)

 「患者のための薬局ビジョン」(2015 年10 月)で示された医薬分業の質を評価する政策評価の指標。KPI は
Key Performance Indicator の略で、「薬局ビジョン」で示すかかりつけ薬剤師としての役割を発揮できる薬剤
師を配置している薬局数で表す。
 「薬局ビジョン」で求められている薬剤師の機能は、ヾ擬圓良薬情報の一元的・継続的把握、¬学的管理・
指導の取り組み、在宅業務への対応、ぐ緡典ヾ悗箸力携、の4 つで、評価する項目は次のとおり。
‥纏卮任薬手帳または電子薬歴システム等、ICT を導入している薬局数。
医師へ患者の服薬情報等を文書で提供した薬局数(過去1 年間に平均月1 回)
在宅業務を実施した薬局数(過去1 年間に平均月1 回以上)
ぬ剤師が地域ケア会議等、地域の多職種と連携する会議に出席している薬局数(過去1 年間に1 回以上)
 当の薬局の評価ではなく、政策評価の指標であるだけに、これが薬剤師・薬局の熱意や、住民の理解・評価に
どうつながっていくか、運用のあり方に注目する必要がある。