機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

第7次医療計画(2018年01月号掲載)

 2018 年度から始まる本計画から、期間が従来の5 年から6 年に変更され、中間年に当たる3 年目で在宅医
療等に関する記載内容を必要に応じて変更することになった。これにより介護保険計画の2 期が医療計画の1
期と重なり、両計画を並行・整合的に運用できるようになる。
 地域医療計画や介護保険事業と整合性が取れるようにしたのが大きな特色で、都道府県市町村の協議の場の設
置や、在宅医療・介護関連推進事業を担う市町村を支援することを明記している。
 ほかに、高齢者人口の増加などに伴う医療需要の増加を勘案し、基準病床数を毎年見直すことや、医師・看護
師など医療従事者の確保、5 疾病・5 事業および在宅医療のあり方・見直し方を詳細に記載している。