協会について

ごあいさつ

   日本医業経営コンサルタント協会のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
   日本医業経営コンサルタント協会は、平成2年11月1日に厚生大臣(当時)より社団法人として設立認可されて以来、約3,000名の会員を擁する組織となり、その間の事業が認められ、内閣総理大臣から公益社団法人として認定を受け、平成24年4月1日、公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会に移行しました。
   当協会は、「医療・保健・介護・福祉に関する調査・研究等を行い、医業経営に係わるコンサルタントの水準の確保と資質の向上を図り、医業の社会公共性を経営面から支援活動することにより、持続可能な医業経営の健全化・安定化に資する」ことを目的に活動しており、公益社団法人として、よりよい地域社会の発展に貢献し、健康で文化的な国民生活に寄与することを目指しています。
   この活動の基となっているのが「医の原点を支える」という理念です。この理念のもと、人材育成の充実を目指し、医業経営の支援事業を行う認定登録 医業経営コンサルタントの資格認定、一般公開医業経営実務講座、医業経営管理能力検定等の事業を行っています。
   また、当協会および認定登録 医業経営コンサルタントは、高い倫理観と使命感を持ち、医療機関、介護福祉施設等が直面する課題に多面的な解決を図るため、継続的研修で蓄積した理論を背景に実践で鍛え抜かれたコンサルテング理論を駆使しながら徹底した現場主義を基本として、健全で安定した医業経営の実現のために活動しています。
   以上の事を実践し、地域社会から真に信頼される協会にするために公益法人の社会的責任を認識し、より一層、定款自治(ガバナンス)並びに役員全員による善管注意義務と忠実義務による会務運営に努めます。また、協会内部の役員間の連携強化、理事会の充実、関係団体との連携強化等にも努めてまいります。
   これらを基本的スタンスとして、当協会の中期目標としては、教育研修事業の充実、医業経営コンサルタントの社会的地位の向上、協会からの提言を含む発信と支部の活性化、会員増強、適正予算の執行等により、組織体制をさらに強化し、強い存在感のある協会にしていきたいと考えておりますので、会員の皆様、関係者の皆様のより一層のご理解とご支援を賜ります様お願い申し上げます。