広報・書籍関連

医業経営コンサルティングマニュアル1「経営診断業務編1」

編 著: (公社)日本医業経営コンサルタント協会
体 裁: A5判/154頁/本文2色刷
定 価: 本体2,200円+消費税(会員特価あり)

ご注文についてはこちらの申込書をご利用ください。
当協会への直接申込限定:医業経営コンサルティングマニュアル1・2・3の3冊セット購入割引があります。

『 2019年7月新発売』

※オンライン購入をご希望の方は、
 中央経済社ビジネス専門書Onlineより、購入が可能です。

本書は、経営概況調査の基本から外部環境分析、財務分析、患者分析の4つの章立てでわかりやすく解説しています。ぜひご一読ください。

YouTube  【動画による解説】を公開しております。

目次

序. 医業経営診断業務の位置づけ

1. 経営概況調査

  1.  1.1 病医院の概要把握
    •   1.1.1 病医院の沿革
    •   1.1.2 経営者
    •   1.1.3 理念と経営方針
    •   1.1.4 事業内容
    •   1.1.5 経営戦略と経営計画
    •   1.1.6 組織運営状況
  2.  1.2 経営状況の変遷
    •   1.2.1 医業収益の推移
    •   1.2.2 経常利益の推移
    •   1.2.3 患者数の推移
    •   1.2.4 病床数の推移
    •   1.2.5 職員数の推移

2. 外部環境分析

  1.  2.1 外部環境分析の事前準備
    •   2.1.1 医療行政の変化と今後の動向把握
    •   2.1.2 分析する医療圏の設定
          (1)診療圏の把握(2)診療圏の設定
  2.  2.2 医療需要状況の分析
    •   2.2.1 人口動態分析   
          (1)概要(2)分析のポイント
    •   2.2.2 患者動向調査   
          (1)概要(2)分析のポイント
    •   2.2.3 推計患者の算出  
          (1)概要(2)分析のポイント
  3.  2.3 医療供給状況の分析
    •   2.3.1 医療供給状況の把握の着眼点
          (1)施設数と病床数(2)競合病医院(3)救急車による患者搬送 (4)医療従事者数
          (5)高度医療機器(6)医療整備計画(7)建築関連規制
    •   2.3.2 医療供給状況の分析方法
          (1)医療施設数・病床数の分析(2)医療従事者数の分析(3)高度医療機器の整備状況分析
          (4)特殊診察施設の整備状況分析(5)医療連携状況の分析(6)競合医療施設の分析
  4.  2.4 ポジショニングの分析と患者シェアの推計
    •   2.4.1 ポジショニングの明確化
          (1)地域におけるポジションの明確化 (2)ポジショニングの明確化
    •   2.4.2 患者シェアの推計
          (1)概要(2)診療圏における患者シェアの推計(3)適切な診療圏の設定と見直し
  5.  2.5 環境分析からの改善課題抽出
    •   2.5.1 自院を把握する―内部環境分析
          (1)事業分析(2)経営分析(3)経営活動分析
    •   2.5.2 改善課題の抽出
          (1)SWOT分析(2)PPM分析(3)ポジショニング(業界地位)と競争戦略

3. 財務分析

  1.   3.1 基本となる財務諸表
    •   3.1.1 貸借対照表
    •   3.1.2 損益計算書
    •   3.1.3 キャッシュ・フロー計算書
    •   3.1.4 複式簿記とは
          (1)勘定科目(2)勘定科目と5つのカテゴリー(3)簿記の基本の4つのパターン
  2.   3.2 財務分析を進めるにあたって
  3.    3.2.1 医療原価
  4.    3.2.2 直接原価計算方式による損益計算
  5.    3.2.3 収支管理(原価管理)体制の整備による効果
  6.   3.3 収益性分析
  7.    3.3.1 医業収益高の分解
  8.    3.3.2 材料費・委託費の分解
  9.    3.3.3 直接人件費の分解
  10.    3.3.4 直接経費(清掃費、保守料、修繕費、リース料、水道光熱費、固定資産税、減価償却費等)の分解
  11.    3.3.5 一般管理費の分析
  12.   3.4 財務分析
  13.    3.4.1 安全性分析
  14.     (1)自己資本比率(2)固定長期適合率(3)流動比率
  15.    3.4.2 収益性分析
  16.     (1)収益性の分析方法とポイント(2)損益分岐点率
  17.    3.4.3 循環性分析
  18.     (1)買入債務回転率対売上債権回転率比(2)総資本回転率(3)現・預金増加率
  19.    3.4.4 成長性分析
  20.    3.4.5 創造性分析
  21.     (1)労働生産性(2)労働分配率(3)平均賃金
  22.    3.4.6 ベンチマークによる当該病院の生産性分析
  23.   3.5 資金分析
  24.    3.5.1 資金分析のねらい
    •    (1)継続性の維持(2)拡大と体質強化の成長バランス
          (3)経営の3要素と、元手重視の経営(4)増加運転資金対策
  25.    3.5.2 資金分析の基本
  26.    (1)貸借対照表の見方と資本(資金)の分類(2)資金調達の形態(3)資金運用の形態
  27.    3.5.3 資金運用分析
  28.    (1)資金運用表の意義(2)資金運用表の原理(3)資金運用表の作成(4)資金運用の分析と改善

 4. 患者分析

  1.   4.1 患者分析のロジックツリー
  2.    4.1.1 ロジックツリーとは
  3.    4.1.2 外来収入の分解
  4.    4.1.3 入院収入の分解
  5.   4.2 患者分析の基本プロセス
  6.    4.2.1 ベンチマーク分析とは
  7.    4.2.2 収入の分析例
  8.    4.2.3 入院収入の分析例
  9.    4.2.4 入院の単価・稼動率の分析例
  10.   4.3 患者分析のセグメンテーション
  11.    4.3.1 セグメンテーションとは
  12.    4.3.2 セグメンテーション例1
  13.    4.3.3 セグメンテーション例2
  14.   4.4 医療の質に関する分析
  15.    4.4.1 治療成績に関する指標(臨床指標)
  16.    (1)病医院全体に関する指標(2)医療の質や効率性に関係する指標
  17.    4.4.2 臨床指標を用いた治療成績の分析
  18.    (1)分析方法(2)評価方法および経営への反映
  19.    4.4.3 患者満足に関する指標
  20.    (1)オペレーション(2)コミュニケーション(人的サービス)(3)建築・設備(施設サービス)
  21.    4.4.4 患者満足度調査
    •    (1)患者満足度調査とは(2)調査手法(3)調査設計
         (4)調査結果の分析と患者分析(5)調査結果の利用