よくある質問

認定登録 医業経営コンサルタント資格受験関連

(1)指定講座について

Q1 受講資格はありますか?
A 受講資格は次の(1)または(2)に該当し、(3)を満たしている方になります。
  1. 願書提出時において、大学を卒業していること。ただし、短期大学卒業後2年、高校卒業後4年、中学卒業後7年を経過している方は、この限りではありません。
  2. 実施日の属する年度の4月1日における年齢が20歳以上であって、大学卒業見込証明書がある方、または一次試験合格発表後1年以内に大学卒業見込証明書を取得できる方
  3. 成年被後見人および被保佐人でないこと
Q2 指定講座は年に何回開催しますか?開催場所はどこですか?
 A テキストと講義を収録したDVDによる『自宅学習』になります。

(2)一次試験について

Q3 受験資格はありますか?
A 指定講座を受講されていることが条件となります。
Q4 一次試験の合格率はどのくらいですか?
A 毎年若干合格率は異なりますが、ご参考までに29年度の一次試験合格率は約76%でした。
Q5 一次試験はどのような方式のものですか?
A 試験I(1時間)は小論文になります。指定講座「総合討議」において、テーマ・書き方要領等の説明がありますが、解答用紙は表600字・裏600字の両面印刷で1,200字以内にまとめていただきます。
試験II(2時間:6科目×10問)と試験III(1時間40分:5科目×10問 )はマークシート方式の問題です。正解は1問につき1つです。
Q6 一次試験の受験対策は何かありますか?
A 指定講座は「医業経営コンサルタント指定講座・一次試験テキスト」に基づき講義が進められ、一次試験も指定講座ならびにテキスト内容から出題されますので、テキストの理解が対策になります。
Q7 過去問題集はありますか?
A 作成しておりません。
Q8 一次試験の開催場所はどこですか?
A 年1回、原則として、札幌、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡の7か所で開催いたします。

(3)二次試験について

Q9 二次試験(論文)の合格率はどのくらいですか?
A 毎年若干合格率は異なりますが、ご参考に、平成29年7月締切の合格率は約68%、平成30年1月締切の合格率は約78%、平成30年7月締切の合格率は約70%でした。
Q10 二次試験の提出時期、有効期限はありますか?
A 二次試験は論文審査で年2回(7月・1月)実施します。
一次試験合格の有効期限は、合格日から翌々年度末までとし、この間に行われる二次試験は、一次試験を受験することなく論文を提出することができます。

(4)二次試験申込にあたっての必要書類について

Q11 「登記されていないことの証明書」とは、どのような書類ですか?
A 法務局発行の後見登記等ファイルに記録されていないことを証明するもので、主に成年被後見人・被保佐人等に該当しないことを証明する際に必要になります。
Q12 「登記されていないことの証明書」は、どのようにすれば交付してもらえますか?
A 窓口申請の場合は、申請書を直接、東京法務局の後見登録課、東京法務局以外の各法務局・地方法務局戸籍課に提出してください。
郵送申請の場合は、申請書に返信用封筒を同封して東京法務局の後見登録課へ送付してください。
申請用紙の出力等、交付請求の詳細については、下記URLをご参照ください。
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/i_no_02.html
Q13 「登記されていないことの証明書」には証明事項が何種類かありますが、どの証明が必要ですか?
A 「成年被後見人、被保佐人とする記録がない。(後見・保佐を受けていないことの証明が必要な方)」になります。

(5)受講・受験に係る費用について

Q14 「医業経営コンサルタント」の認定登録までの費用はどのくらいですか?
項目 金額
指定講座受講料 50,000円
一次試験受験料 10,000円
二次試験審査料 (1回につき)15,000円
登録料 80,000円
会費(年額) 120,000円

(6)資格等について

Q15 医療系・コンサルタント等の仕事経験は資格取得に考慮されますか?
A 職種、医療機関勤務年数等は、関係ありません。
Q16 国家試験ではないと聞きました。資格なしで医療コンサルタントまたは医療経営コンサルタントを名乗った場合、問題はありますか?
A 「医業経営コンサルタント」については商標登録をしているため、当協会の資格認定なしで名乗ると問題がありますが、「医療経営コンサルタント」については、問題ないと存じます。
登録認定を受けないで、「認定登録医業経営コンサルタント」の名称を使用することはできません。
※「医業経営コンサルタント」、「認定登録医業経営コンサルタント」とも商標登録しています。

(7)入会時期、認定登録について

Q17 医業経営コンサルタントの資格を取得するには、先に会員になる必要がありますか?
A ほとんどの方が二次試験合格後、協会審査を経て入会されます。したがって、資格取得前に入会して頂いても、また、二次試験合格後に入会して頂いても構いません。
Q18 二次試験合格後、登録はいつでもできますか?
A 二次試験合格後、ただちに登録していただくことが望ましいです。
ただし、登録の延期を希望する場合は、3年を限度に登録延期申請を提出することができます。ただ、二次試験の有効期限は合格日から3年間となっており、それを過ぎた場合は、再度指定講座から受講して頂かなくてはなりません。

(8)入会・認定後について

Q19 認定・入会後の費用は、どのくらいかかりますか? また、継続研修の履修が義務付けられているとのことですが、費用はどれくらいかかりますか?
項目 金額
会費(年額) 120,000円
「認定登録 医業経営コンサルタント」が受講する継続研修受講料
(登録期間中に100時間。3年後・3年後・4年後毎に登録の更新)
別途受講料が発生します。
登録更新料 5,000円
「認定登録 医業経営コンサルタント」は3年後、3年後、4年後毎に登録の更新を行うことになっており登録期間中に60時間〜100時間の継続研修の履修が義務付けられています。
受講料は研修によって異なります。
Q20 現在何名ぐらい資格取得されているのでしょうか?また、職種等を教えて下さい。
A 会員は約3,000名おり、内、二次試験を合格され、認定登録をされた方は約2,400名いらっしゃいます(2018年9月現在)。また、1登録期間(3年〜4年)に100~60時間の研修履修義務を負い、常に資質の向上を図っています。
当協会会員の業種別割合については、下記「協会概要」の5頁をご参照ください。
協会概要パンフレット(PDF)
Q21 入会すると、仕事の斡旋等はしていただけます?
A 仕事の斡旋は行っておりませんが、医業経営コンサルタント紹介制度を実施しております。
Q22 メリットはなんですか?
A 社会保障諸制度の大変革を迎えるこの時期、「認定登録 医業経営コンサルタント」の需要は益々多くなることと予想されます。
「認定登録 医業経営コンサルタント」の使命は絶えず医療をはじめこれに関連した介護・福祉分野に関することについても研鑽に励み、切磋琢磨しながら、医療・保健・福祉機関が直面する経営環境の変化に的確・迅速に対応していくためのお役にたつことであり、当協会はこれを全面的に支援するものであります。具体的には継続研修の実施、適宜情報の提供、月刊ジャーマック発行、医業経営コンサルタント業務の調査・研究に関する印刷物の発行等を行っております。

継続研修、履修認定について

Q1 継続研修のスケジュールについて
A 近日実施予定の研修一覧は、当協会Webサイトのトップページ「研修・セミナー情報」をご覧ください。各研修の詳細は、トップメニューの「研修・セミナー・学会」内をご参考ください。(研修によっては掲載されない場合もあります。)
また、会員限定ですが、メルマガ配信によりお知らせしています。
Q2 継続研修のお申込みについて
A 本部研修については、会員専用ページにログイン後、「研修・セミナー・学会」ページ内の各研修ページにてウェブ上で申し込み頂くか、協会ホームページのトップページ「研修・セミナー情報」内の案内より申込書をダウンロードし、FAXにてお申し込みください。 支部や認定団体が主催する研修については、協会ホームページのトップページ「研修・セミナー情報」の「継続研修実施予定」の一覧をご覧のうえ、主催支部・団体へご連絡ください。
Q3 会員の履修時間確認について
A 会員専用ページにログインし、会員メニューのトップページの「履修時間集計」をクリックして頂くと、現在の登録期間内の履修状況が表示されます。
Q4 継続研修履修認定学会等の履修認定について
A 協会以外の団体等が主催する学会・セミナー等の履修ついては、参加証や領収証等の受講が確認できるものをもって認定します。
履修の届出は、通常は年度末にまとめて報告して頂いておりますが、随時受け付けております。参加証等(コピー可)を、郵送またはFAXにて協会本部事務局までお送りください。
Q5 履修時間が登録更新に必要な履修時間数に満たない場合について
A 登録期間内に、登録更新に必要な履修時間数(100時間/80時間/60時間)を満たすことができなかった場合、翌年度中にその不足分を履修すすることにより、翌々年度の4月1日付で登録更新できます。すなわち、連続する登録期間+1年間で履修時間数を満たすことが必要です。
上記の連続する登録期間+1年間でも履修時間数を満たすことができない場合には、登録期間の第1年度の履修した時間数が除外されて、もう1年延長し、さらにその不足時間を履修することにより、次の年度の4月1日付で登録更新が可能となります。このように1年づつずれて履修時間を満たす状態を、連続して4年まで継続できます。
ただし、登録有効期限を超過している上記の状態の間は、「認定登録 医業経営コンサルタント」ではありません。よってこの間は、「認定登録 医業経営コンサルタント」という呼称は使用できません。

入会・退会・休止、会員の情報変更について

Q1 住所変更(自宅、会社)の届出はどうしたらいいですか?
A 「会員専用ページ」→「会員用届出様式」→「WEBフォーム」にて入力頂くか、「変更届」をFAXでお知らせください。
Q2 会員として一時活動を休止したいと思います。休会することはできますか?
A 会員休止申請は、一年以内での申請になります(休止は通算して2年間の限度です。)
休止開始日は過去には遡れません。申請の条件は、会費の滞納がないこと。休止申請には、所轄委員会での審査、直近の常務理事会での承認が必要となります。
【審査、承認には、申請から1〜2か月程度かかります。】
休止中の会費の負担はありません。休止中の登録につきましては、各個人の方により、状況が異なりますので、事務局にて確認し、ご連絡いたします。
Q3 退会手続きについて教えてください
A 退会される場合は、『退会届』『医業経営コンサルタント証票(カード)』『医業経営コンサルタント章(バッジ)』の3点をご郵送ください。
会費規程により、原則、既納の会費は返金いたしません。退会と同時に「認定登録 医業経営コンサルタント」の資格が喪失します。
Q4 「認定登録 医業経営コンサルタント」の資格をとらなくても入会できますか?
A 当協会へは、「医業経営コンサルタント」資格の取得に関わらず、当協会の目的に賛同してくださる方であれば、どなたでもご加入できます。
【入会の方法】
(1)入会申込書 (2)誓約書 (3)履歴書に必要事項を記入・捺印の上、郵送でお申込みください。
※申込みは随時受け付けておりますが、所轄の委員会および直近の理事会で承認後、翌月より正会員となります。
【会 費】 年額120,000 円(月額10,000 円)
※入会月より会費が発生します。なお、理事会承認後、会費の請求書を送付します。詳しくはこちら
Q5 過去に退会したことがあります。再度入会することは可能ですか?
A 条件はありますが、再入会していただくことは可能です。

その他

Q1 会員専用ページへのログインID・パスワードを忘れてしまった
A お問合わせフォームにてご連絡頂くか、日本医業経営コンサルタント協会事務局までお問い合わせください。
Q2 協会情報案内受信方法の変更について(FAXからEメールへ)
A 会員専用ページにログイン後、「会員情報」より「メール配信登録」にてメールアドレスを登録して頂きますとメール配信に変更されます。