機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

リーダーシップ・システム(Leadership System)(2007年08月号掲載)

リーダーシップシステムという用語は、全組織を通じてリーダーシップが公式・非公式にどの程度発揮されているかに関連する。それは、主たる意思決定がなされ、伝達され、実行されるに当たっての基本と方法である。これには意思決定の構造やメカニズム、双方向コミュニケーション、リーダーやマネージャーの選抜、開発、価値、倫理行動、指揮命令、パフォーマンスの強化が含まれる。
 効果的なリーダーシップのシステムは、従業員や他の利害関係者の能力や義務を尊重し、パフォーマンスとパフォーマンスの改善に高い期待をかけている。そのシステムは組織のビジョン、価値感、共通目標の追求をベースにした、ロイヤリティとチームワークを築くものである。それはイニシアティブや適切なリスクのとり方を奨励・支援し、組織構造よりも目的・機能を重視し、命令の連続で、かえって意思決定を長引かせることを避けるものである。

 効果的なリーダーシップ・システムの例:
 リーダーが自己点検をし、フィードバックを受け、改善する種々のメカニズム。

※本号ではSPECIAL REPORT(P6~11)のマルコム・ボールドリッジ賞に関連してリーダーシップ・システム、パフォーマンスの2語を取り上げる。あくまで米国の事情に合わせた解説であることを理解していただきたい。