機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

特殊疾患入院基本料(2006年06月号掲載)

長期にわたり療養が必要な肢体不自由児(者)、脊髄損傷などの重度障害者、筋ジストロフィー患者、神経難病患者などへの医療を提供する病棟(病床)の入院料。
 2006年4月改定により、療養病棟(病床)については廃止、療養病棟入院基本料を算定することにした。一般病床及び精神病病床については、2008年3月まで算定することができる。    (本誌4月号FOCUS参照)