機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

地域総合専門医(2019年12月号掲載)

 地域医療を守る病院協議会(地病協)が創設を目指している新専門医制度。同協議会に加盟する(公社)全国自治体病院開設者協議会と(公社)全国国民健康保険診療施設協議会は、2015年度から「地域包括医療・ケア認定制度」(施設、医師・歯科医師、専門職対象)を実施しているが、これを一歩進めて「地域総合専門医」とし、医療資源の乏しい地域で在宅・外来・入院などの包括ケアを担う医師を養成する構想。
 総合医療の専門医としては、(一社)日本専門医機構の「総合診療専門医」や、(一社)日本病院会が認定する「病院総合診療専門医」があるが、地病協の新専門医については「総合診療専門医」のサブスペシャリティにしようとの意見が出ているという。