機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

認知症施策推進大綱(2020年05月号掲載)

 2019(令和元)年6月の閣議で決定した政策大綱。2015(平成27)年1月から進めてきた「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)を拡充し、従来の「共生」重視に「予防」を加え、「車の両輪」とした。
 大綱は基本的考え方と具体的な施策に分け、後者は”甬攘屡・本人発信支援、⇒祝鼻↓0緡邸Ε吋◆Σ雜逎機璽咼后Σ雜郤圓悗了抉隋↓で知症バリアフリーの推進・若年性認知症の人への支援・社会参加支援、ジΦ羈発・産業促進・国際展開――の5つの柱からなる。各施策には数値目標を含むKPI(キー・パフォーマンス・インデックス)や工程表も設定されている。
 認知症の患者は団塊の世代が75歳以上(後期高齢者)となる2025年に約700万人、65歳以上の約5人に1人に達すると推計されており、政府はこの大綱決定を機に本格的な総合対策に腰を入れることになった。