機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

BCP(2020年11月号掲載)

Business Continuity Plan(業務または事業継続計画)の略。自然災害などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。
事業計画一般に使われる用語であるが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、厚生労働省は介護事業サービスで「感染症や災害への対応力強化」の一環としてBCP の作成を促進することになった。
施設介護や通所系・居住系(訪問系以外)では、“鷯鏈匈欧亡悗垢覿饌療計画の策定、関係機関への通報・連携体制の整備、従業者への周知、定期的避難訓練が義務化されていること――を省令に盛り込む意向。
これらの事項を含めたBCP が、すべての介護施設・事業所に義務付けられる日は近い。