機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

医療法等の一部改正(2021年06月号掲載)

 「良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を推進するため」と銘打った、医療法等の一部を改正する法律が、5月21日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立した。
改正の項目は、^綮佞瞭き方改革、各医療関係職種の専門性の活用、C楼茲亮他陲鳳じた医療提供体制の確保、い修梁召らなる。主な内容は「医師に対する時間外労働の上限規制および健康確保」「医療職種の業務範囲の拡大と研修医による臨床実習での医業の明確化」「新興感染症等の感染拡大時における対応の医療計画への位置付け」「外来機能報告制度の創設」および「持分の定めのない医療法人への移行計画認定制度の延長」など(本誌2021年4月号を参照)。
 当面は、新型コロナウイルス感染症対策に改正医療法等を有効に活用できるかが注目される。