機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

ワクチン開発・生産体制強化戦略(2021年08月号掲載)

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発で、欧米に遅れをとった反省から、政府の医薬品開発協議会で検討してきた国内開発・生産体制の強化策を、2021年6月1日の閣議で決定した。
 「背景と要因」「ワクチンの迅速な開発・供給を可能にする体制の構築のために必要な政策」「喫緊の新型コロナウイルス感染症への対応」の3部からなり、関係各省の対応を列挙している。
 欧米に遅れをとった背景要因としては、新型コロナウイルス感染症のパンデミック発生当初、国内の感染例がさほど多くなく、発表される研究論文も数少ない状況にあったこと、非常時の想定のないまま平時の体制でワクチン開発や生産体制で臨んでいたことを指摘している。