機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

オンライン服薬指導(2021年09月号掲載)

 新型コロナウイルス感染症に対応するための時限的措置として2020年4月から、薬剤師が判断すれば、初回からでも電話またはオンラインの服薬指導が実施できるようになった。これを時限的措置の終了後も継続すべきかを巡って議論が展開されているが、限定条件は付くにしても、恒久化する可能性が高い。
 オンライン服薬指導の特例的な取り扱い(2020年4月10日付厚生労働省事務連絡)は、・かかりつけ薬剤師 薬局や、患者の居住地にある薬局により行われることが望ましい、・どの診療の処方箋でも可能(オンライン診療または訪問診療を行った際に交付した処方箋に限らない)、・原則としてすべての薬剤、・医療機関からファクシミリ等で送付された処方箋情報により調剤可能、などとなっている。
 これらの服薬指導をかかりつけ薬剤師・薬局に限定して認めるかどうか、といった点が今後の議論の焦点に
なるとみられる。