機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

タスクシフティング(2011年05月号掲載)

医療行為の一部を他職種に委譲すること。アジア大洋州医師会連合(CMAAO)の特別委員会が、「タスクシフティングに関するCMAAO声明(東京声明)」の案を取りまとめたことからクローズアップされた。本年11月に台北で開かれる総会で正式に決定される。
 報道によると、声明案では8項目の勧告を求めており、^緡鼎任浪椎修文造螢繊璽爛錙璽とタスクデリゲーション(業務委任)が選択されるべきである、業務委任は医師の指示や監督下で他職種や地域医療従事者により、特定の医療業務が実施されるものである、O働力不足に対処したタスクシフティングであっても、業務の委譲は技術関連に限り、診断や処方などの業務にまで拡大されるべきではない、と指摘、政府に対してはぅ織好シフティングは医療人材不足に対する暫定的な代替案でしかなく、明確な終了計画をもって実施するべきものとした。
 このタスクシフティングの議論は、昨今の政策課題となっている「特定看護師」の制度に関するものであり、「特定看護師」のあり方が国際的視点で捉える必要が出てきたことを示している。