機関誌JAHMC 用語集

この用語解説集は、当協会の発行する医業経営情報誌「機関誌JAHMC(ジャーマック)」でこれまでに掲載された「用語解説」の記事をデータベース化したものです。

【注意】掲載内容については、発行当時の情報に基づいた内容となりますので、現在の状況と異なるものがありますことをご了承ください。

国立高度専門医療センター(2009年02月号掲載)

国立がんセンター、国立循環器病センター、国立精神・神経医療センター、国立国際医療センター、国立成育医療センター、国立長寿医療センターの6センターを指す。通称ナショナルセンター。2008年12月に、「高度専門医療に関する研究等を行う独立行政法人に関する法律」(ナショナルセンター独法化法)が参議院本会議で成立したことにより、2010年4月からそれぞれが独立行政法人の「研究センター」として再発足する。2004年に独立法人化した国立病院機構は、旧国立病院・国立療養所の154ヵ所を統合した組織になっているが、6つのナショナルセンターは個別の独立法人である点が異なる。役職員の身分は「非公務員」となる。