ステージ・科目

研修体系のカリキュラム・デザインのためのカテゴライズ概念図[prototype]

研修体系のカリキュラム・デザインのためのカテゴライズ概念図[prototype]
[語意]
【カテゴライズ】(categorize)分類すること。枠組みに入れること。
【ステージ】(stage)物事の段階。進行分類の単位。
【実践】(じっせん)実際の状況のもとでそれを行うこと。
【実務】(じつむ)実際の具体的な仕事。
【セオリー】(theory)理論。
個々の現象を説明できるように筋道を立てて組み立てられた知識の体系のこと。
【ナレッジ】(knowledge)知識。
経験・事例などを集めて体系化した、組織にとって有益な情報のこと。
【プロトタイプ】(prototype)原型。
後での改良を見込んで、その仕事を大筋として作る最初の模型。
【メタ】(meta-、μετα-)ギリシャ語における、「高次の〜」「超〜」「〜を含む」「〜の間の」「〜について」というような意味で使われる接頭辞。「メタスキル」とは、ハードスキルとソフトスキルを「繋ぎ、越える」という援用から、「スキルを使いこなすスキル」と定義されている。
【メソッド】(method)目的を達成するために決められたやり方。方法。方式。
【スキル】(skill)訓練や経験を通じて築き上げる深い理解に基づいた知識・技術。技能とほぼ同義で用いられる。
【ソフト】(soft)経験的に使っている知識だが簡単に言葉で説明できない知識のことで、経験知と身体知の中に含まれている概念。
【ロジック】(logic)理論。自分の考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立て。思考の妥当性が保証される法則や形式のこと。
【ノウハウ】(know−how)ものごとの手順や方法の知識。

ハード|ソフト|メタ 各ステージ相互のちがいとつながり概念図[Iceberg model]

ハード|ソフト|メタ 各ステージ相互のちがいとつながり概念図[Iceberg model]ハード|ソフト|メタ 各ステージ相互のちがいとつながり概念図[Iceberg model]

各ステージのカリキュラム

H:ハード・ステージ知識 獲得 蓄積(セオリー/ナレッジ)

医業経営の基本的かつ普遍的な理論、事実、現象、情報について体系的・学際的・横断的に修得する

H:ハード・ステージ 1

領域名

  • 1. 医療関係法規

講義名

  • (01)法学概論
  • (02)医療法
  • (03)資格法
  • (04)薬機法、麻薬取締法
  • (05)建築・設備法
  • (06)環境法
  • (07)法人法
  • (08)行政手続き
  • (09)個人情報保護・情報公開法、データ管理
  • (10)民事・刑事法
  • (11)労働法
  • (12)緊急事態対応
  • (13)診療報酬制度
  • (14)税法
  • (15)諸法
H:ハード・ステージ 2

領域名

  • 2. 医療政策論

講義名

  • (01)公共政策と医療
  • (02)医療政策と財政
  • (03)公衆衛生と予防I
  • (04)公衆衛生と予防II
  • (05)公衆衛生と予防III
  • (06)社会保障政策総論
  • (07)給付型保障
  • (08)保険型保障I
  • (09)保険型保障II
  • (10)保険型保障III
  • (11)保険型保障IV
  • (12)保険型保障V
  • (13)保険型保障VI
  • (14)公共政策と計画I
  • (15)公共政策と計画II
H:ハード・ステージ 3

領域名

  • 3. 管理イノベーション

講義名

  • (01)テイラー(現代の生産管理の基礎をつくった「科学的管理法」)
  • (02)フォード(産業社会の基礎をつくったヘンリー・フォードの思想)
  • (03)大野耐一(日本的経営を世界に喧伝したトヨタ生産方式)
H:ハード・ステージ 4

領域名

  • 4. 組織論の生成と展開

講義名

  • (01)ファヨール(経営管理の一般理論の提唱者ファヨール)
  • (02)シュマーレンバッハ(近代会計学の基礎を築いたシュマーレンバッハ)
  • (03)バーナード(共同システムとしての組織概念/行動科学的意思決定論の創造)
  • (04)ドラッカー(マネジメント理論の体系化への試み)
  • (05)チャンドラー(アメリカ経営史の実証研究から生まれた経営戦略の概念)
  • (06)ローレンス&ローシュ(コンティンジェンシー・セオリーによる伝統的組織論の統合)
  • (07)サイモン(意思決定パラダイムによる組織論の研究)
  • (08)サイアート&マーチ(経済学と組織理論の統合の試み)
  • (09)ミンツバーグ(「マネジャーの仕事」の実証分析とプログラム化の試み)
H:ハード・ステージ 5

領域名

  • 5. 行動科学

講義名

  • (01)人間関係論:メイヨー(行動科学研究の端緒となったホーソン実験)&レスリスバーガー(ホーソン実験の再確認)
  • (02)行動科学:マズロー(自己実現の心理学の産業社会への適用)&マグレガー(「協働」のあり方の革命−−X理論vsY理論)&ハーズバーグ(動機づけ理論の実証的研究)
H:ハード・ステージ 6

領域名

  • 6. 経営戦略論

講義名

  • (01)分析的戦略論:アンゾフ(体系化された戦略経営のコンセプト)&コトラー(マーケティングにおける古典的にして現代的なテキスト)&ポーター(経営戦略の公式と実務−−業界環境のタイプ別競争戦略)
  • (02)企業文化論:アベグレン(日本的経営の先駆的研究)&オオウチ(セオリーZ−−日本的組織のグローバルな価値の指摘)&ピーターズ&ウォーターマン(経営戦略研究における企業文化論の登場)
H:ハード・ステージ 7

領域名

  • 7. 創造性理論

講義名

  • (01)ハメル&プラハラード(能力ベース経営の提唱)
  • (02)野中郁次郎&竹内弘高(ナレッジ・マネジメントの日本発一般理論/“場”の知識創造プロセス−SECIスパイラル)
H:ハード・ステージ 8

領域名

  • 8. 経営理念研究

講義名

  • (01)ウェーバー(プロテスタンティズムが生んだ労働倫理と経営理念)&土屋喬雄(江戸時代商人の経営理念と日本資本主義の精神)&コリンズ・ポラス(ビジョナリー・カンパニーにおける事業理念の研究)
H:ハード・ステージ 9

領域名

  • 9. 総括

講義名

  • (01)シュンペーター(経済学と経営学の交点)&ワールドロップ(複雑系−−知のパラダイムの転換)

S:ソフト・ステージ実務 技能 拡充(ロジック/ノウハウ)

医業経営の効率的な成果の創出に寄与する論理、道筋、手順について実際的な技能を拡充する

S:ソフト・ステージ 1

領域名

  • 1. 医療政策

講義名

  • (01)医療計画と地域医療構想の実際と方向性
  • (02)病床機能報告制度の現状と課題
  • (03)地域医療の課題と方向性
  • (04)地域包括ケアシステムの課題と先進事例
  • (05)在宅医療の課題と先進事例
  • (06)医療・介護制度の解釈と体現化
  • (07)医療と介護の連携の課題と将来像
  • (08)医療・ケアの連携と継続
  • (09)保健医療福祉連携の近未来像
S:ソフト・ステージ 2

領域名

  • 2. 医業経営

講義名

  • (01)経営職業倫理の啓発方法と取組事例
  • (02)組織マネジメントのスキル・メソッド・フレームワークの実際
  • (03)チームビルディングの実際と先進的取組
  • (04)目標設定能力の創発ロジックとノウハウ
  • (05)組織化能力の創発ロジックとノウハウ
  • (06)コミュニケーション能力の創発ロジックとノウハウ
  • (07)評価測定能力の創発ロジックとノウハウ
  • (08)問題解決能力の創発ロジックとノウハウ
  • (09)学習する組織5つのディシプリン創発ロジックとノウハウ
  • (10)人的資源管理の創造と変革
  • (11)医療機関の人事管理の課題と先進的事例
  • (12)医療機関の労務管理の課題と先進的事例
  • (13)マネジメント・サイエンスの問題点と価値創出
  • (14)組織の知識創造モデルと成功の本質
  • (15)意思決定プロセスのマネジメント
  • (16)組織における「合理的な判断」「正しい意思決定」
  • (17)経営戦略思考のフレームワークと応用の実際
  • (18)ビジネスアイディアと創業計画書の策定
  • (19)創業計画書、経営指針書の構成
  • (20)経営理念の策定と組織化
  • (21)選択と集中による事業整理の手法と事例
  • (22)ターゲット顧客の明確な選定方法と事例
  • (23)経営環境・市場環境分析・予測のノウハウ
  • (24)事業収支計画における収益予測の問題点と対応策
  • (25)医事統計業務の標準化と実際
  • (26)医療データ分析による患者アウトカムの改善
  • (27)財務会計と経営戦略の連動
  • (28)戦略的管理会計の枠組みと価値創造の経営
  • (29)未来志向の財務分析における先進的な実務
  • (30)経営状況を鮮明に可視化する経営分析手法
  • (31)経営・運営に活かす医療統計力を鍛える
  • (32)医療・介護組織原価計算
  • (33)医療・介護ファイナンス
  • (34)開業計画の実際と先端的事例
  • (35)医療施設の計画と建設の実務
  • (36)施設管理の実務
  • (37)建築設備管理の実務
  • (38)持分なし医療法人への移行の課題と実務
  • (39)事業承継の課題と具体的事例
S:ソフト・ステージ 3

領域名

  • 3. 医療管理

講義名

  • (01)施設基準の根拠・構造・要件の解釈と届出の実際
  • (02)医療サービスの特性とマネジメントの本質
  • (03)医療の質向上と費用節減−両立の条件−
  • (04)医療安全管理の課題と先進的事例
  • (05)院内感染対策とアウトブレイク時の対応
  • (06)感染制御チームの活動の実際と先端事例
  • (07)診療部の運営管理と課題
  • (08)外来診療部門管理の現状課題と対応策
  • (09)救命・救急部門の運営管理と課題
  • (10)入院診療部門管理の現状課題と対応策
  • (11)手術部門の運営管理と課題
  • (12)看護部門管理の現状課題と対応策
  • (13)介護部門管理の現状課題と対応策
  • (14)薬剤部門管理の現状課題と対応策
  • (15)画像診断部門の運営管理と課題
  • (16)臨床検査部門の運営管理と課題
  • (17)臨床工学部門の運営管理と課題
  • (18)リハビリ部門の運営管理と課題
  • (19)栄養部門の運営管理と課題
  • (20)医療機器部門管理の現状課題と対応策
  • (21)医療事務部門管理の現状課題と対応策
  • (22)チーム医療推進のための基本的な考え方と実践的事例
  • (23)院内物品管理システムの効率化と先進事例
  • (24)医療勤務環境改善マネジメントシステムの導入・定着の実際
  • (25)医師の働き方改革の課題と効果的な支援手法
  • (26)医師の業務効率化の成功事例
  • (27)医療スタッフの協働・連携によるタスクシフティング事例
  • (28)医療施設におけるアウトソージングと雇用関係
  • (29)医療情報システムの標準化と未来像
  • (30)医療システム開発/導入支援
S:ソフト・ステージ 4

領域名

  • 4. 医療コミュニケーション

講義名

  • (01)病院コミュニケーションの現状と先端事例
  • (02)医療コミュニケーションの現状と先端事例
  • (03)ケアコミュニケーションの現状と先端事例
  • (04)ヘルスコミュニケーションのモデル事例
  • (05)患者-医療者間コミュニケーションのモデル事例
  • (06)アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning :ACP)の実際と課題
  • (07)患者を含めた多職種協働体制でのACPを可能とするコミュニケーションモデルの構築
  • (08)医療チームにおけるノンテクニカルスキル
  • (09)医療におけるシステム思考の役割と実際
  • (10)医療・介護現場の事例で学ぶロジカル思考の実際
  • (11)医療の現場で起きる問題をデザイン思考を用いて解決
  • (12)プロセス思考による現場観察の改革手法
  • (13)医療訴訟の現状と医事紛争を防ぐための対応策
  • (14)医療過誤・ミスの原因とリスクマネジメント
  • (15)医療事故情報収集等事業の現状と課題
S:ソフト・ステージ 5

領域名

  • 5. 介護福祉施設経営

講義名

  • (01)介護福祉施設の経営形態
  • (02)介護福祉施設経営の特殊性
  • (03)介護福祉施設の収益構造の仕組みと課題
  • (04)介護福祉サービスマネジメントの問題点・改善点
  • (05)病院管理学から学ぶ介護福祉施設管理
  • (06)医療介護福祉施設複合体
  • (07)医療・介護の質と経営の質
  • (08)海外の医療・介護施設経営
  • (09)グローバルスタンダードと医療・介護システム
  • (10)医療・介護制度改革と介護施設革新
  • (11)次世代の介護関連ビジネス
  • (12)2021年度介護報酬改定の徹底分析
  • (13)介護人材の確保・介護現場の革新
  • (14)介護人材採用・定着の課題とツボ
  • (15)介護事業の目指すべきポートフォリオの最適化
  • (16)居宅介護支援事業の課題と生きる道
  • (17)介護医療院の理想像とモデル事例
S:ソフト・ステージ 6

領域名

  • 6. 調査・分析・診断

講義名

  • (01)経営概況調査(マクロ環境分析/経営環境分析/設立の経緯/経営状況の変遷/経営理念/経営方針)
  • (02)診療圏分析(基本調査/地域医療特性調査/競合病医院調査/患者需要予測/生活習慣病対象者把握/対象診療圏における機能分担と連携調査/3C分析/競合分析/SWOT分析/セグメンテーションやポジショニングにかかる因子分析/探索型リサーチ/検証型リサーチ)
  • (03)財務診断(ABC分析/指標分析/収益力診断/資金力診断/財務体質診断/財務統制診断)
  • (04)経営プロセス診断(経営活動分析/診療プロセス分析/安全管理分析)
  • (05)組織診断(組織活性度調査/職場活性度診断/職員満足度調査:ESサーベイ/エンゲージメント調査:組織調査サーベイ/組織活性度サーベイ/組織効果性サーベイ/部署間コミュニケーションサーベイ/組織コミュニケーション診断/組織風土調査/目標達成分析/コンプライアンス遵守度サーベイ/コンプライアンスリスクアセスメント/チーム協働性診断)
  • (06)人材診断(面接アセスメント/プロ人材アセスメント/ビジネスリーダー特性診断/マネジャー力診断/プロ人材特性診断/ビジネス基礎力診断/自律的人材診断/考課者特性診断/ダイバーシティマネジメント特性診断/マネジメント特性診断/コンピテンシー測定/モチベーション測定/複眼評価観察:360度評価/ストレスチェック:個人認識サーベイ/モラールサーベイ/エスノグラフィー)
  • (07)患者動向診断(アンケート/インタビュー/患者ニーズの把握/患者満足度調査/患者分析)
  • (08)施設効率性診断(経営効率診断/土地、建物の有効活用度の診断/設備機器の有効活用度の診断/省力化・省エネルギー化診断)
  • (09)情報化診断(医療情報システムの安全管理/電子処方箋の運用/診療録等の保存/地域医療情報連携ネットワーク/保健医療福祉分野PKI/遠隔医療システム/サイバーセキュリティ対策/Wi-Fi(無線LAN)セキュリティ)
  • (10)経営再建診断(病医院の経営再建診断/医療法人の経営再建診断)

M:メタ・ステージ実践 応用 開発(メソッド/スキル)

医業経営の発展的な問題解決技法、組織目的を達成するための統合的手法の応用について、実践演習を通じて開発する

M:メタ・ステージ 1

領域名

  • 1. 制度対応領域

領域名

  • 2. 事業戦略領域

講義名

  • 経営改善課題の抽出と改善施策の策定コース

領域名

  • 3. 組織経営領域

講義名

  • 問題解決ファシリテーション専修コース

領域名

  • 4. 人的資源管理領域
  • 5. 応用情報領域
  • 6. 計量分析領域
  • 7. 戦略財務会計領域
  • 8. 課題解決実践力領域
  • 9. 思考/創造系メソッド領域
  • 10. 変革系オペレーションズ領域